更新履歴

2019.02.11 【Gallery】過去ログを大量に格納。
2016.09.23 【Gallery】創作絵に1枚アップ。
2016.09.19 【Gallery】FanArtに1枚アップ。

2019.03.24

エフが野営地に小動物を連れ帰ってきました漫画。
日記絵
モフる前だったらまだ食べられたかもしれない……(パンセリノス談)

世界を旅するパンセリノスとエフの2人。街が近くにあれば積極的に宿に泊まりますが、次の街まで距離がある時は野営します。そんな時は野生動物を捕らえて食べることもあり、狩猟、解体、調理はすべてエフの仕事です。
旅の道中、パンセリノスはエフと色違いのマントを羽織っています。色が違う他、エフのマントには羽根飾りが付いていますが、パンセのマントには白い毛皮飾りが付いています。

パンセがどうして旅に不向きなドレス姿なのかにも、いつか触れたいなと思いつつ……。
今、すごく長い髪の毛の絵を描いているのですが、筆圧が強過ぎて右肘を痛めたので、落書きでお茶を濁しつつ肘の回復を待ちます。昔からシャーペンを粉砕する筆圧の強さが悩みの種です……。

■ Web拍手 ■

2019.03.22

先日からたびたび触れていましたが、このたびあしすさん(@sushitaros)にコミッションを依頼し、私の創作キャラクター、エフとパンセリノスを描いていただきました!
日記絵
直視するとあまりの可愛さに語彙力が死ぬ……。
パンセちゃんはパンセちゃんならパンセちゃんであるがゆえに可愛いのは自明の理なのですが(でも描いていただいたパンセちゃんの可愛さは次元を超越していますよね…紛うことなきお花の妖精さんで、天使で女神様ですね……)、エフまでこんなに……こんなに可愛くなるなんて……!! ぷにぷにほっぺ。そして下睫毛の尊さ。 あと「できれば長剣が見える構図で」という秒で張り倒されても文句は言えないエグい要望を出させていただいたのですが、それも叶えていただいていて奇跡のようなバランスでデフォルメイラストに落とし込んでくださっていて……ただただ尊い。
元々は「今年はあしすさんに描いていただいたイラストでアクキー作って、自分への誕生日プレゼントにするんだ〜! ふふふ、きっと自分喜び過ぎて死んでしまうぞ」という寂し……楽しい計画だったのですが、神速で納品いただいたがために、自分の誕生日(10月29日)があまりにも遠くて……遠くて……もう「去年の自分への誕生日プレゼントだよ。ちょっと遅れてごめんね」という体でアクキー入稿して良いでしょうか……半年待てない……いやでもそうすると今年の誕生日用にはネアとロジェのアクキーを……??(錯乱)

金銭が絡むがゆえに本名で依頼していて、途中で宛名(HN)を書いていただくお願いをするのがとても恥ずかしかったのですが、でも宛名とサイン書いていただけたのもとても嬉しい!
毎日眺めてなけなしの語彙力を失いたいと思います。とうとい……。

最後にちょろっと話変わって、当サイトはこの雑記の最下部、右下にカウンタが設置してあるのですが(小さく、焦げ茶の背景に黒字なので見えにくいですが)、あと100カウントと少しで10万になります。(見えない場合、拡大鏡を使うと見えるかも知れません。)
そこで久しぶりにキリ番企画を行いたいと考えています。99999、100000、100001を踏まれた方は、ご申告いただければイラストリクエストか小説リクエストにお応えしますので、気になる方は気にしておいていただけると幸いです。キリ番近くなったらまた改めて告知する予定です。(が、時々普段の10倍くらい来訪がある日があるようなので、後手に回ったらすみません……普段は1日2〜3人いらっしゃるくらいなので、キリ番まであと1ヶ月以上かかるかな……とは思っているのですが……。ちなみに、同じ人が連続で訪問されてもカウントされない仕様です。)

■ Web拍手 ■

2019.03.21

コミッション依頼で描いていただいたエフとパンセリノス。
無事にデータを納品いただいてお支払いも済んだのですが、まずエフの設定画をサイトで公開していなかったな……と思ったので、今回コミッション依頼用に作った資料ページを公開いたします。(キャラクター説明部に、設定画へのリンクが張ってあります。)
エフとパンセの設定資料
ご自由に描いていいのよ!(※エフとパンセに限らず、うちの子たちはみんなご自由にお描きくださいなので、ぜひお描きください……!)
日記絵
レアな条件下でのみ見ることができる、両肩にすっぽりマントを掛けた状態のエフ。
基本、剣を振る上でマントが右腕に絡むと死活問題なので彼は片マントなのですが、非常に治安のよい街中を冬に歩く時などは両マント(?)にもなります。
殺伐とした空気を纏い、難しい顔をして黙々と思案していることの多いエフですが、大体はパンセの幸せについてや、次のごはんのことを考えているので人畜無害です。

個人的にこのエフとパンセは男女CPとして創作したのですが、「馬鹿野郎これはBLだ!」という方はBLとして受け取っていただいても構いませんし、「2人とも受けっぽいから百合」という場合はそれでもOK!という感じです。
白暁はすぐにキャラクターの人権を奪いがちな創作者ですが、彼らの物語については前向きな自己肯定の物語にできたらなと願いつつ、設定資料の概要に書いてあるように、彼らが将来どうなるのかは、まだ誰も(白暁も)知りません……。
桜の大樹の下で冷たくなるパンセリノスと、彼女の亡骸を抱きかかえるエフは、さぞ絵になるだろうなと思います。

■ Web拍手 ■

2019.03.20

『第六猟兵』(C)白暁/トミーウォーカー
日記絵
お顔が良いので、お顔をお見せしたい……と、納品したこちらのバージョンと、額から顎までの顔アップバージョンを2時間ほどああでもないこうでもないと見比べていたのですが、プレイングと一緒に表示される場合を考慮すると、表情だけでなくキャラクター性も窺えるもののほうが良いかな……と感じ、こちらを納品させていただきました。
本当に……お顔が良くて、性格が良くて、お言葉が美しく、たぶんお声も良い……お屋敷で働く女中になりたいだけの人生でした……。
ご依頼ありがとうございました。お心に適いますことを祈っております。

恐らく、この業務をこなす上ではもっとビジネスライクでドライな感じで在るべきなのだろうな……とは思うのですが、絵を描くにあたって妄想に妄想を重ねて愛して煮詰めてもはや恋して夢に見て、描き上がる頃にはキャラクターさんに対して「顔を見るたびに話し掛けてくる妙に馴れ馴れしい近所のおばちゃん(声が大きくて話し掛けられると恥ずかしい)」みたいな状態になってしまうウェットな描き手でして……納品物を載せるたび、妄想が滲み出てすみません……しかも発注文章の内容に触れる部分は削ぎ落しているので、妄想純度100%! 本当はそれぞれの作品に関して、それぞれ百倍は語りたい想いがあるだけの、無害な近所のおばちゃんです……。
――おばちゃん、あなた(作品)が無数のラフ画だった頃から知ってるのよぉ。親御さんは元気? 飴ちゃん食べる? 遠慮しないで持っていきなさい!
不審者として通報される前にこの近所のおばちゃんを封印するためには、納品物掲載ページを作って、そこにイラストだけを淡々と載せるほうがよいのだろうな……とは思っているので、早急に検討いたします。

次の更新はついに、私がコミッション依頼で描いていただいたエフとパンセちゃんをお披露目できそうです! 完成が、とても速い……!

■ Web拍手 ■

2019.03.18

『第六猟兵』(C)白暁/トミーウォーカー
日記絵
少し迷うところがあってトミーウォーカーさんにチェックのお願いをしていたのですが、そのまま何事もなく納品されたようなので、もう、あとは、少しでもお心に適いますよう…!!
カッコイイ。しかし可愛らしい。 怪しい。でも可愛らしい。 可愛らしい。されど神々しく美しい。 ……という私の中の個人的イメージで描かせていただいてしまいました。
ご依頼ありがとうございました。少しでもお心に適いますことを祈っております。

イラマス候補生として活動させていただいて約一ヶ月経ちました。
登録時は開店休業になってしまうかなと思っていたのですが、ありがたくも何点か描かせていただき、元々よその子描くの大好き人間なので大変楽しく作業させていただきました。
毎回「これが人生最後のご依頼かもしれないから、悔いの残らないように…」と全力を尽くしつつ、元より趣味嗜好が大衆から外れがちな人間なので、全力を尽くして大暴投を投げていたらどうしようかと今も不安でいっぱいです。私は枝豆とツナを入れたしょっぱい卵焼きが大好きですが、ご依頼をくださった方は砂糖たっぷりの甘い卵焼きのほうがお好きかもしれない……。
とても楽しく、そして難しい仕事だなぁと痛感しつつ、今後も精進してまいりますので、ご縁がございましたらよろしくお願いいたします。

あとは、切に猟兵になりたい今日この頃です。オラトリオかキマイラか…獣人系も捨てがたい……。キマイラで下半身がもふもふタランチュラ系の蜘蛛とか……ぷりぷりのタコとか……夢が広がり過ぎて、今日もキャラクター作成画面をそっと閉じるのでした。

【拍手返信】03月17日 ふりふりスカーフは正義ィ…。 〜の方>
レーシングスーツも捨てがたかったのですが、やはり貴族服は正義……。
私も大昔から、そして私は今も、好きなイラストレーターさんの納品ページをチェックして楽しませていただいております! でも、ゲームは一度も遊んだことがないのですよね……小心者なので、他の方とうまく交流できるか不安で……。
イラマス候補生としての活動も(ご依頼いただければですが)今後も頑張ります!
メッセージありがとうございました!

■ Web拍手 ■

2019.03.16

一昨日のエフとパンセの設定画でコミッション依頼出せました〜!
サイトへの掲載許可もいただいているので、完成したらここでも自慢させていただきますね! 今からワクワクが止まらず、もはや遠足前夜の小学生状態です……。

TW5の窓開けをしました。(たぶん、できているはず……)
特別に難しいご依頼をいただいたりしない限りはしばらく開けておく予定でおりますので、ご縁がございましたらよろしくお願いいたします。

拍手メッセージありがとうございました!!

■ Web拍手 ■

2019.03.14

従者エフとパンセちゃんの設定画が揃いましたー!
日記絵
明日、設定画に添える文章を詰めて、土日でコミッション依頼メールを出したい所存……2月中にそこまでできると思っていた時期が私にもありました……。
この2人は5〜6年くらい前から一次創作で動かしてあげたいなとぼんやり温めていて、邪竜と小鳥ちゃんを経つつ、ようやく表舞台に出すことができ、大変に感慨深いです。
彼らは他の創作作品のようにがっつりしたストーリーがある系ではなく、『死地を探して世界を旅するパンセリノスとその従者エフが、様々な人々と出会い、色々な街を観光し、数々の美しい風景を見る』という短編と言いましょうか、最初の頃はイラストの連作として発表することをイメージしていた作品です。
今後、どのような形で彼らの作品をお披露目できるか分かりませんが、この2人もモリモリ愛でていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。……一次創作パンセちゃん、昨年末まで「ピアノ」という名前にしようと思っていたのですが、悩みに悩んだ末に「パンセリノス」にしてしまって、当サイト4人目の「パンセリノス」ですねすみません…。マジカロ創作の「満月ロジィ」「従者パンセ」、愛惜の「白猫パンセ」、今回の一次創作「パンセ」ということで、呼び分けていきたいなと思いつつ……思いつつ…………。

こんなところに書いてもお目に触れるか分かりませんが、TW6リクエストありがとうございます。ぜひお受けしたいと前向きにラフ画を量産しておりますが、迷走しているのでもう少し方向性が定まったら受理させていただく予定でおります。リクエストの有効期間長めにしていただいていてありがたいです……がんばります……。
TW6のリクエストを受理できたら、TW5の窓開けも予定通り行う予定です。ご縁がございましたらよろしくお願いいたします。

■ Web拍手 ■

2019.03.12

従者エフの設定画、ようやく素体が仕上がりました……。
日記絵
ここから上着着用差分とマント着用差分を描き上げ、配色を決めます。
2人の身長差は10cm。パンセはハイヒールを履いていて、エフは重めのブーツを履いているので、身長差は少し埋まって、並べるとこれくらいかな〜という感じです。
どうにか今週中には仕上げたい……!!

従者エフの設定画を描き上げたら、TW5を窓開け予定です。
ご縁がございましたらよろしくお願いいたします。

■ Web拍手 ■

2019.03.09

今週後半は小さい画像をいくつか制作させていただきました。
『第六猟兵』(C)白暁/トミーウォーカー

日記絵
ケテルの位置の光球の下の枝は王冠型をしていたのですが、光球を見せることを優先して隠してしまいました。……感じてください。

日記絵
光を表現するのに背景を黒にするのは安直では?とかなり弄り回していたものの、奇をてらうよりは堅実に。光の背後に宇宙を描いていたのですが、最後に暗めに調整したので見えませんね……。感じてください。

日記絵
『顔』の範囲について個人的感覚では「髪の生え際〜顎」なのですが、ググると「眉〜顎」で、知人に訊いたら「頭頂部〜顎」で、一口に『顔アイコン』と言っても奥が深い…と感じました。

ご依頼ありがとうございました。
画像の小ささに悪戦苦闘しましたが、少しでもお心に適いますことを祈っております…!

トミーウォーカーさんのゲームと言えば、10年以上前の大昔「(小説を執筆する)マスターになりませんか? ぜひ試験を受けてください!」というような旨の勧誘メールをいただいたことがあったのですが(どなたか推薦してくださったのでしょうか…)、ちょうどイラマス試験に落ちた後で、複雑な気持ちを抱えた日を昨日のことのように思い出します。
その時はマスターの試験も受けず、イラストレーターの道を諦めSEになる道を選んだのですが、結局、10年以上経って今この場に戻ってきていることを思うと、諦めが良いのか悪いのか分かりません。10年も経てば嗜好も変わると思っていたのですが、熱烈なうちの子/よその子好きも相変わらずで、もしかして自分は死ぬまでこうなのか…?と思い始めている今日この頃です。

一次創作パンセと対になる従者エフの設定画をちまちま進めています。
だいぶスケジュールが押しているので、一週間以内に完成させたい……!

■ Web拍手 ■

2019.03.07

元は髪も肌も紫色だったのかしら……と想像の翼を羽ばたかせつつ、塩対応のクールな女性が可愛めのお洋服を着ているのが好きで趣味に走りました。
日記絵
『第六猟兵』(C)白暁/トミーウォーカー
ご依頼ありがとうございました。少しでもお心に適いますことを祈っております。

第六猟兵、私はゲームを遊べていないのですが、今までリクエストをくださった方々が(受理できなかった方々も含めて)とても魅力的で、よその子好きとしては大変気になるのでした。
ゲームを始めたら、あの子やその子と仲良くしてもらえるチャンスがあるということ!?と登録画面までは勢いで行ったものの、種族とジョブの無限の組み合わせの前に頭を抱えた夜。優柔不断過ぎて決められない……!
いつか…いつか……と思いながら、夜が更けていくのでした。

最後に前回の雑記について、一応熟考した記事だったのですが一部方々にご心配いただいてしまったようで、申し訳ありません。私自身が先月までpixivFANBOXを支援者側として利用していたこともあって、個人的にはクリエイターへの投げ銭文化は馴染み深いものだったのですが、そうでない方々には「よほど生活に困窮しているのか…」とご心配いただいてしまったようです。
クリエイターとして困窮しているのは確かに事実なのですが、人間としてはまだまだ健やかに生存可能な状況ですので、ご心配には及びません。
やはり素直にpixivFANBOXを利用していたほうが、イメージが伝わりやすかったでしょうか……。そちらも少し検討しておきたいと思います。

【拍手返信】03月05日 創作が見られなくなるのは残念ですね…。 〜の方>
私の創作物を非公開にすることは、今のところ想定しておりません。
現在は有料のサイトスペースに当サイトを置いているのですが、サイトを閉じて絵と文章をpixiv辺りのSNSに移設しようかな…(雑記はpixivFANBOXの無料公開記事を使えば事足りるかな…)と検討中です。
なのでご心配には及びませんよ! 私の場合は完全な自由意志による『休暇』ですので、個人の範囲内で心行くまで楽しみたいと考えています。
メッセージありがとうございました!

■ Web拍手 ■

2019.03.04

一次創作パンセリノスの設定画が完成しました!
日記絵
画像クリックで拡大できます。よろしければご自由にお描きください……。
『邪竜と小鳥』の小鳥ちゃんも一次創作パンセリノスの一形態なので、デザインや設定の流動性はお察しいただけるかと思います。
次は黒い従者エフのデザインを考えねばばばば……(瀕死)

コミッションに関するページ、3月2日に少し文面を整えました。
また、帯に短し襷に長し…と感じていた『お任せプラン』の価格と内容を調整いたしました。もし以前の内容でご検討いただいていた場合は『旧お任せプラン(長辺1600px、3000円、オプション追加不可、仕上げ甘め)』として継続して承りますので、リクエスト時に『旧お任せプラン』とお書き添えください。
それからコミッションページでその存在が浮いている『応援プラン』の設置意図について……。
触れる必要はないかな、とも考えていたのですが、このプランが一体何なのか明確になっていたほうが利用を検討しやすいかな…と、少し下記に記載いたします。『応援プラン』にまったく興味のない方には無関係な話なので、流していただけると幸いです。

サイトの更新頻度の変化からお察しいただいているかも知れないのですが、白暁は昨年から無職(フリーター)です。仕事でたびたび炎上案件にアサインされ、体調を崩すことが多く、「生きているうちにもう少し創作物を遺したいな…」と思ってのことでした。白暁の正体は実は現代社会に生きる日本人なので、年金や保険料、月々の家賃などに首を絞められつつ、今年いっぱいくらいは貯金を崩して創作活動やイラストレーター業に打ち込む予定です。その先は完全な未定です。
よくよく考えた末に到った決断なので、現在の貧乏加減も含め今のところ想定通りの状況で、ご心配には及びません。しかし、金銭面で大きな不安要素を抱えた状態であることは否定のしようがなく、特にSNSが普及している昨今、個人サイトの維持にかかる費用は削るべきでは?と検討しておりました。13年続けたものを終えるのは惜しいですが、そこにこだわり過ぎて創作活動の期間を削ってしまっては元も子もありません。現在のサイトスペースの契約は来年の8月頭までなのでまだ一年以上あるのですが、告知期間などを考えると、迷っていられるのはあと半年ほどかなと思います。
そこで、もし私の創作活動を支援してもよい、という方が一人でもいらっしゃればご協力を仰ぐのも一つの手かも知れないと考え、今回『応援プラン』を設定いたしました。最初はpixivFANBOXの利用を検討していたのですが、当サイトで扱っている作品は複数あり、すべてに興味を持っていただいている方もいらっしゃれば、いずれかの一作品だけを見に来てくださっているという方もいらっしゃるかと思います。そうすると「Aの作品を応援するつもりで支援を始めたのに、最近Bの作品ばかり更新されている」という状況も発生し得ます。せっかくご支援いただく以上、ご支援への返礼は、支援者の方が希望される作品にしたい……。
そこで『一口』の金額が大きくなってしまうものの、一回のご支援に対し、必ず支援者の方が希望される作品で返礼を行うための形として『応援プラン』を設置いたしました。(上記のような設置意図のため、本来はコミッションのページに混ぜるべきではないのかもしれません……)
『応援プラン』でご支援いただいた資金につきましては、当サイトのサイトスペースの契約延長や、その他、今後の創作活動にあてさせていただきます。よろしければご検討いただけますと幸いです。

なお、PBWでのイラストレーター活動やコミッションの受け付け自体も、白暁の貯金が尽きて再就職するまでの限られた期間の予定です。再就職のタイミングは未定であり、当面の間は気に掛けていただく必要はありませんが、ご了承ください。(※事前に打診いただいた方については、再就職後もできるだけ対応できるよう善処いたします。)
よろしくお願いいたします。

【拍手返信】03月02日 質問への回答、ありがとうございます♪ 〜の方>
こんな長文記事の末尾での返信、お目に触れるか心配に思いつつ……メッセージありがとうございました!

【拍手返信】03月04日 神官アンが押しに弱いのは意外ですねー。 〜の方>
アンは嫌いな相手には塩対応できる人間ですが、親しい相手に縋られると無下に扱うことのできないごく普通の善人です。特にドゥに泣きつかれたら、たじたじだったと思います。
マントはロマン! メッセージありがとうございました!

■ Web拍手 ■

2019.03.01

一次創作パンセリノスの設定画をちくちく作っています。
日記絵
ようやく終わりが見えてきましたが、まだまだ先は長いです……。
フリル&花地獄! これを描いてくださいとコミッション依頼しにくい凶悪なビジュアル!
パンセリノスがいるところ黒いあの従者が必要なので、パンセリノスが終わったらそちらの設定画も描かねばなりません。いつものように貴族っぽい服装にするか、レーシングスーツ+マントという趣味に走った服装にするか、迷うところです……。

【拍手返信】02月28日 神官アン・ドゥの関係性と脱走した理由が知りたいです。 の方>
メッセージありがとうございます! 泡沫を読んでいただきありがたい限りです。
ご質問の内容については第二章『泡沫の国』で語られる予定ですが、現在休み休み鈍足で書き進めており何年後に公開できるか見通しの立たない状況ですので、回答を下記に記載いたします。読むか読まざるかはお任せしますので、ご自由にご判断いただければ幸いです。
■■■■■
神官アンとドゥの関係性について。
彼らは同郷で、同じ日に登城しました。それまでほとんど面識はありませんでしたが、新生活を同時にスタートした同期ということで親しくなっていきます。しだいにアンはドゥのことを弟のように大切に思うようになりましたが、一方でドゥはアンのことを恋愛対象として愛していきました。
『泡沫の城』の時点で、アンはすでにドゥの想いを知っています。しかしアンにとってドゥは「かわいい弟分」であって、ドゥに恋愛感情を抱くことはできませんでした。彼らは正面から話し合い、アンは「ドゥが自分を恋愛対象として愛していること」を、ドゥは「アンの恋人になれる望みは極めて希薄で、アンが自分へ向けてくる感情は兄弟への親愛に過ぎないこと」を、それぞれに了解し、それでも、互いのその感情を知らなかった時と変わらず、今後も寄り添い生きることを決めました。
ドゥは無口ですが情熱的な性格で、アンは押しに弱いタイプなので、なし崩し的に過剰なスキンシップがあったのでは? アンの望む「兄弟」よりも、ドゥの猛プッシュによる「恋人未満」の中途半端な関係だったのでは? と思いますが、その辺りは書く予定がないので設定的にふんわりしています。でも二人の性格からすると、色々あったと思います……。
ドゥがアンを愛しているのは事実であり、傍目から見ても二人が親密な関係であることは明らかだったので、トロワやトレーズ、ファン・シアンは彼らが恋人同士であったのだろうと勘違いしています。ファン・シアンの一人称で語られる『泡沫の城』だとファン・シアンの勘違いが反映されているので、もはやミスリードレベルで二人の関係性が分かりにくいのですが、21話で本人たちが口にしている言葉が真実です。
「アンが私に抱いているのは、恋情などという感情ではありません。王子」
「そうですね。ドゥは私にとって、同郷の可愛い弟分のようなものです」
――真実です…が、ドゥからアンへの恋愛感情については、意図的に黙秘されています。(説明されてもファン・シアンは理解できなかったと思うので、秘密にされたというよりも、単に幼い王子に二人が配慮したのかな…と思います。)
■■■■■
二人が城から逃げた理由について。
あの事件が起きる前、アンの体が悪性腫瘍に蝕まれていることをドゥはドゥーズから知らされます。ブルーデルニエでは「神から賜った肉体を自ら傷付けることは罪」であるため、外科手術が認められていません。(※ファン・シアンが行っていた自傷行為も、あの国では大罪です。)ドゥーズは「アンの余命が幾ばくも残されていないこと」、「ユミディテで外科手術を受ければ回復する可能性が残されていること」をドゥに伝えます。
アンを愛するドゥとしては、アンをユミディテへ連れて行き、適切な治療を受けさせたい……。けれど神官長トレーズは信心深く、罪(外科手術)を犯すくらいならば潔く死ねとアンに言うことは明白でした。ドゥはユミディテへ亡命しようと、アンを掻き口説きます。
押しに弱いアンも、さすがにドゥを危険にさらすことはできないと最初はドゥの提案を拒絶します。そもそも、自分の病のことはドゥには伏せてくれとドゥーズに頼んでいたのに、ドゥーズが情報を漏らしたのでアンは怒り心頭です。ドゥーズは二人に謝罪し、ユミディテへのルートを記した地図や、路銀、通行証、鎮痛剤の手配、城の門番の目をごまかす手筈などを整えました。
お察しかもしれませんが、この時、ドゥーズは自分と10代目シアンが城から出るための準備をしています。今回は『逃亡者が出た場合にトレーズがどのように動くのか』を観察するため、アンの病とドゥの恋心を利用して二人を城外へ放ちました。ドゥーズとしては二人がユミディテまで無事に辿り着いてくれても構わなかったのですが(なので初動、彼は王の看病を口実に動き渋っています)、トレーズが鳥を使って素早く国境の検問所へ知らせを出したため、アンとドゥは国内に閉じ込められてしまいます。二人はトレーズの鳥が空を翔るのを見てユミディテへの亡命が失敗したことを悟り、また、もはやアンに長期間の逃亡生活に耐えうるだけの体力が残されていなかったため、アンとドゥはユミディテへ向かうのを諦め、最期に故郷の村へと帰りました。
その後は『泡沫の城』で書かれている通り、二人は城に連れ戻され、トレーズ(二人が恋仲であると勘違いしている)とドゥーズ(今回の事件の黒幕)は、余命幾ばくも残されていない神官アンを殺害します。神官アンは最期の瞬間まで、ドゥーズが悪意をもって自分たちを城外へ逃がしたことを知りませんでした。むしろ「自分たちのせいでドゥーズが再び汚れ仕事を……すまない。やはり自分は城に留まるべきだった。ああ、自分はもはや死ぬ運命だからどうなっても構わないが、ドゥのことだけが気掛かりだ…」みたいな目をして最期、黒幕ドゥーズを見上げたのだと思います。哀れな男です。
アンの最期の憂慮は繋ぎ手であるドゥーズに伝わり、ドゥーズも二人に対して罪悪感がない訳ではなかったので、アンのことを一撃で殺害し、その遺体(生首)を綺麗に整え、毒薬と共に囚われのドゥへと届けています。ドゥは愛するアンの死を知り、ドゥーズの差し入れた毒薬によって後追い自殺しました。
……上記を踏まえて『泡沫の城』の26〜27話を読むと、素知らぬ顔をしている神官ドゥーズの気味悪さが引き立つかもしれません。「私は生き延びるために、人で在ろうとは思っていない。元より人ならざる境界に立つ身。獣にでも悪魔にでもなってやる」
■■■■■
本来は小説として公開すべきところ、なかなか筆が進まずご質問いただいてしまい申し訳ないです。ありがとうございました。
『泡沫の城』はちょっと文が粗いので、改稿したいですね……(改稿を繰り返し新作が出せない不治の病)

■ Web拍手 ■